FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.10.06 (Sun)

川下登先生退任コンサート@フェニックスホール

今日のお昼間は涼しい風が吹いていて(むしろ肌寒いくらい?)、ようやく秋らしく感じられるようになりました。
そして秋と言えば、コンサートシーズン!
今日は今年の春に大阪音楽大学を退任された川下登先生の退任コンサートへ行ってきました~。
出演者はMail Boxのメンバーのみならず、登先生が大事に慈しみながら育ててこられた生徒さんたち総勢30名!
ソロありアンサンブルありの華やかなコンサートでした
もちろん川下先生のソロも最後にありまして、素敵な「ウィーン、我が夢の町」を聴かせていただき、心がほっこり、そして少しの寂しさを感じながら会場を後にしてきました。

川下先生にはこれまで川下先生ご自身がプロデュースされるドイツリートのコンサート(シューベルト協会や関西二期会)で何度も使っていただき、私が成長をしていく為の大きなチャンスをくださった方です。
演奏会のオファーをくださる時にはいつも「まずはかおりちゃんに打診してるねん」って嬉しいことを言ってくださるお方なのです♡
でも退任と同時にシューベルト協会の理事をお辞めになられたので、もうそのお言葉を聞くことがないと思うととても寂しい加藤ですが、退職されたことでいろんなしがらみが無くなり、これまで頭の中で練っておられたことを形にして、また新しい川下先生のお姿を拝見したいと思います。

IMG_2672_convert_20191006230442.jpg 
川下ファミリーの皆さん、お疲れさまでした!

スポンサーサイト



23:09  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.17 (Wed)

前期実技試験の為の試演会

ご報告しますね~と言っていた試演会、無事に終わりましたよ~
私の生徒ちゃんたちは全員1年生なので、入学して初めての試験を迎えます。
なのでどうしてもネガティブに考え過ぎてしまうので、試験前に試演会を開催し、人前で歌うと自分の体や声がどうなるのか…を把握してもらう必要があるなぁと思いました。
出来ることなら良くも悪くも試験結果が自分の納得出来るものがいいですよね。
でも私一人が聴くのでは通常のレッスンとあまり変わらないので、今回は私のお師匠さんにもお越しいただいて、ちょっとピリッとする環境で歌っていただきました。
当日に着ようと思っている服や靴をちゃんと身につけての演奏にしてもらったので、音楽以外のこともシミュレーション出来たハズ。
万九のお稽古でもいつもお伝えしますけど、衣装で何か引っかかることがあると、音楽に集中出来ないからね
今回の試演会が試験に反映されるといいなぁ

IMG_2487_convert_20190717200649.jpg 
自撮りなので下から
弓子先生も孫弟子たちの演奏に嬉しそうでした~!

20:10  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.07.05 (Fri)

音楽院さくら夙川校サロンコンサート&ビルボードライブ

先週土曜日は約1年ぶりに付属音楽院さくら夙川校のサロンでコンサートを行なってきました。
前回2018年3月に行なった時は、ピアノとクラリネットを交えてのコンサートでしたが、今回はピアノとヴィオラに入っていただいて、演奏あり、トークありの小一時間でございました。
ヴァイオリンじゃないのですよ、ヴィオラなんですよ←ココがポイント。
今回取り上げた作品の中で、私の大好きな曲、Brahmsの「2つの歌曲Op.91」は本来、Altとヴィオラの為の作品なんですよね。
えっ!?加藤、ソプラノやん?って思われた方もいらっしゃることでしょう。
いいんです、好きな作品を、誰にも内容を反対されることのない演奏会で行なう場合は。
こういう演奏会でないと、試すことが出来ない作品というのも数多く存在しているんですよね。
なので他にも取り上げたい作品がまだまだあります。
お披露目する機会があるかどうか…。

この日は上記のBrahms以外に定番のドイツリート、そして日本歌曲における初期・中期・現代の中から1曲ずつと、唱歌をメドレーでお聴きいただきました。
最後に皆さんで「夏の思い出」を演奏出来たことも非常に楽しい思い出になりました。
ご来場くださった皆々様には感謝申し上げます

IMG_2455_convert_20190705230917.jpeg
左から:Violaの灘儀育子さん、カオリ、ピアノの加茂里織さん。
チラリとスタッフのお嬢ちゃんが(笑)


そして3日後の火曜日には、お誘いいただいてビルボードライブ大阪へサックスのライブを聴きに行ってきました。

IMG_2468_convert_20190705225519.jpeg
 

ここへは2回目の訪問。
当然のことながらクラシック会場とは雰囲気が全然違います。
私としてはやはりパフォーマンスの勉強をしたいという思いがあってね。
ようするに「魅せ方」「惹きつけ方」というものをどのように出すのか、それが結構気になる。
でもお勉強という名目がありながら、めっちゃノリノリで楽しんできました
たまにはクラシック以外も良いものです。

IMG_2463_convert_20190705233532.jpg
お誘いくださったMr.Taniokuと ファンキーなおじさまです♡


さて今月、大学では前期実技試験が行われます。
今まで審査される側だったのが、審査する側に!!
その前に我が加藤組は内々で試演会なんぞ開催してみようかと。
意義ある時間になるといいなと思っています。
また報告しますネ~


23:50  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.06.11 (Tue)

第11回カンマーフィルハーモニー京都定期演奏会

今月頭のことですが、京都は北山のコンサートホールアンサンブルムラタでカンマーフィルハーモニー京都さんとの演奏会を終えてきました。
約2年に1回のペースで歌わせていただいて、幹事さん曰く、もうお付き合いが10年目になるんだって!
彼らと共に演奏出来るのは本当に幸せなことで、特に非常勤講師になって初めてのコンサートがカンマーとだったのは私にとって記念に残る1日となりました

カンマーの皆さんの何が良いって、音楽の事に関して言えば、ひたむきな姿勢、真摯に音楽と向き合う、そして謙虚(あれ?ほぼほぼ意味が一緒? 笑)
音楽以外のところで言うと、他人なのにまるで親戚の集まりのようなアットホームな雰囲気がとても好きです。
音楽能力はもっとぐんぐん伸びて欲しいと願いつつ、このファミリー感はいつまでも失わずにいてほしいと思っています

Kammer_Foto_convert_20190611114033.jpg
リハーサル風景より。

さて、お次は勤務先である大阪音楽大学の付属機関である音楽院さくら夙川校でのサロンコンサートです!
今回はViolaの灘儀育子さんとPianoの加茂里織ちゃんとのコラボで1時間程行ないます。
お客様と和気藹々とした、楽しい空間・時間を過ごせるよう、絶賛練習中。
ご興味ございましたら6月29日16時開演のサロンを覗いてみてくださいね

11:48  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.04.14 (Sun)

ご無沙汰しておりました

前回、ブログを書いてから、あろうことか2か月以上空いてしまいました。
この間、何も無かったから書かなかったわけではなく、珍しく加藤、いろいろと精神的に追いつめられており、書くことが出来ませんでした。

実は、この4月1日より母校である大阪音楽大学に非常勤講師として勤務させていただいております。
これまでは演奏員(授業を演奏面からアシストする役目)としてピアノ部会の授業に入らせていただいていましたが、4月からは声楽部会の一員として、ドイツリートの授業と学生4名の声楽レッスンを担当しています。
4月5日から授業が始まったので、一週間が過ぎて全ての授業が一周したわけですが…2月1日の試験と面接を終えてから正式な辞令が降りるまでの約1ヶ月半、緊張と不安でいっぱいで体調を崩し、気管支炎からの胃腸炎を起こし、散々な3月でした。
正式な辞令を受け取ったあとは、大量な書類作成、授業の準備に追われ、今に至ります。
やっとPCに向かう心の余裕が生まれてきた感じ

非常勤講師になることは私の一つの夢でもありました。
でもこのご時世、音楽の道に進んでくれる学生さんは本当に少ないですし、優れた教授陣や関西の音楽科がある高校でも教鞭をとられている他の非常勤講師のように学生さんを呼べるだけのネームバリューもありませんので、非常に難しいことかなぁと漠然と感じていました。
それならそれで与えられたお仕事を責任を持ってさせていただくことには変わりはないのですけれど。
今回、念願の非常勤講師になれたのは、これまでシューベルト協会や(退会はしましたけれど)関西二期会、そしてドイツリート協会などで何度も演奏をさせていただき、その都度、演奏会に貢献させていただいていたことを見てくれている人がいたってことかなと思っています。
それと大学の授業や付属音楽院でのお仕事ぶりを評価していただけたこともとても嬉しかったです。
思いのほか、家族よりも周りの方々に喜んでいただけることが最大の喜びかな。
特に日本のお師匠さんがね、喜んでくれるのよ。
嬉しいやら恥ずかしいやら

ただ、まだ教員として始まったばかりですので、今後、自分の予想通りにはいかないことも多々出てくるかと。
自分で解決出来ることは自分で、どう考えたってキャパシティオーバーの場合は先輩先生方のお力をお借りして乗り越えていこうと思っています。
幸いなことに母校には学長を始め、私にとってたくさんの気の置けない先生方がおりまして、既に随分と甘えさせていただいております。
一万人の第九の指導者のように、早く一人立ち出来るよう頑張ろ~っと!(笑)


IMG_2351_convert_20190414212841.jpeg 
4月7日、毎年恒例の旧大阪Dクラスお花見@明月記
もはや親戚の集まりデス(笑)

21:37  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT