FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2018.12.19 (Wed)

演奏家特別コース伴奏理論発表会

昨日、大阪音楽大学ミレニアムホールにて演奏家特別コース3回生による伴奏理論発表会が行われました。
この演奏家特別コース(演特)は将来、大阪音楽大学の名を背負って、ピアニストとして世界へと羽ばたいてくれるよう8年前に開設されたコースでして、多くの著名な先生方が演奏家特別コースの生徒の為だけに情熱を注いでくださっています。
その授業の一つ、伴奏法に開設された当初から変わらず使っていただいているのですが、コンサートを行なったのはなんと初めて。
これまでは授業内試験として、年度最後の授業で教室内での発表会形式(非公開)を行なってはきました。
今年は担当教授である岡原慎也先生の生徒に対する想いなのか、はたまた気まぐれか分かりませんが(笑)、ホールでの演奏。
私自身、生徒の授業の一環とは言え、ホールで歌う機会があるのは非常に嬉しい。
やっぱり人前で演奏することが一番の勉強になります。

とは言え、生徒が限られた時間内でこれまで勉強してきた曲の中から弾きたい作品を選ぶ為、作曲家の時代はバラバラ、自分の声に合わない作品有り、重い曲、軽い曲、そりゃあもうめちゃくちゃ
でもその辺は大学院の伴奏理論研究発表で鍛えてある為、想定内。
何がヒヤヒヤするって、いくら伴奏が上手でもやはり経験の少なさからくる自信の無さが本番で浮彫りになること。
そこは私も普段の授業でのやり取りからは想像していませんでした(それだけしっかりしているということ)
ピアノは3~4歳からやり始めて、特に演特の学生は子供の頃からコンクールを受けたり、定期的に著名な先生に師事していたりするから同年代の声楽家より早熟かと思っていましたが、やっぱりまだ大学3年生なんだなぁと感じました。
まだまだ私も発見させられることが多いです。

IMG_2146_convert_20181219134105.jpg 
左から:同じ演奏員であり同期の新井俊稀くん、担当教授の岡原慎也先生、カオリ
学生さんたちと集合写真を撮ったので、いただいたらまた写真をupしますね。

さて明日は大学院生たちとのコンサート。
明日が終われば年内のコンサートも終了です。
その前にメンテナンスと称して、マッサージ90分受けてきまーす

スポンサーサイト



13:49  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT