FC2ブログ
2019年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2019.04.14 (Sun)

ご無沙汰しておりました

前回、ブログを書いてから、あろうことか2か月以上空いてしまいました。
この間、何も無かったから書かなかったわけではなく、珍しく加藤、いろいろと精神的に追いつめられており、書くことが出来ませんでした。

実は、この4月1日より母校である大阪音楽大学に非常勤講師として勤務させていただいております。
これまでは演奏員(授業を演奏面からアシストする役目)としてピアノ部会の授業に入らせていただいていましたが、4月からは声楽部会の一員として、ドイツリートの授業と学生4名の声楽レッスンを担当しています。
4月5日から授業が始まったので、一週間が過ぎて全ての授業が一周したわけですが…2月1日の試験と面接を終えてから正式な辞令が降りるまでの約1ヶ月半、緊張と不安でいっぱいで体調を崩し、気管支炎からの胃腸炎を起こし、散々な3月でした。
正式な辞令を受け取ったあとは、大量な書類作成、授業の準備に追われ、今に至ります。
やっとPCに向かう心の余裕が生まれてきた感じ

非常勤講師になることは私の一つの夢でもありました。
でもこのご時世、音楽の道に進んでくれる学生さんは本当に少ないですし、優れた教授陣や関西の音楽科がある高校でも教鞭をとられている他の非常勤講師のように学生さんを呼べるだけのネームバリューもありませんので、非常に難しいことかなぁと漠然と感じていました。
それならそれで与えられたお仕事を責任を持ってさせていただくことには変わりはないのですけれど。
今回、念願の非常勤講師になれたのは、これまでシューベルト協会や(退会はしましたけれど)関西二期会、そしてドイツリート協会などで何度も演奏をさせていただき、その都度、演奏会に貢献させていただいていたことを見てくれている人がいたってことかなと思っています。
それと大学の授業や付属音楽院でのお仕事ぶりを評価していただけたこともとても嬉しかったです。
思いのほか、家族よりも周りの方々に喜んでいただけることが最大の喜びかな。
特に日本のお師匠さんがね、喜んでくれるのよ。
嬉しいやら恥ずかしいやら

ただ、まだ教員として始まったばかりですので、今後、自分の予想通りにはいかないことも多々出てくるかと。
自分で解決出来ることは自分で、どう考えたってキャパシティオーバーの場合は先輩先生方のお力をお借りして乗り越えていこうと思っています。
幸いなことに母校には学長を始め、私にとってたくさんの気の置けない先生方がおりまして、既に随分と甘えさせていただいております。
一万人の第九の指導者のように、早く一人立ち出来るよう頑張ろ~っと!(笑)


IMG_2351_convert_20190414212841.jpeg 
4月7日、毎年恒例の旧大阪Dクラスお花見@明月記
もはや親戚の集まりデス(笑)

スポンサーサイト



21:37  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |