FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.10.31 (Mon)

森ノ宮F お稽古10回目

ようやくお稽古10回目を迎え、来週はお休みですね!
皆さん、これまで10週連続でお稽古に通ってくださったので、きっと心身共にお疲れが溜まっているハズ。
どうぞこの2週間はゆっくり休めてくださいね。
私も昨日は少し歌えましたけれど、まだまだ本調子ではないのでしっかり休養を取りたいと思います。
あ、でも皆さま!
お休みの間にこれまで練習してきた各々のメロディー、Hey Judeの音など、スコーーーンと忘れないでくださいね
特にHey Judeは「今、何回目の繰り返しやったっけ?」ってなりそうな曲ですから~

では油断から風邪など引かれませんように!
また13日にお会いしましょう~
スポンサーサイト
17:47  |  一万人の第九  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

音程に関する疑問?。テノールですので、ヘ音記号の楽譜の音程に無頓着でした。 Hey Jude の出だし「G」 女性 は五線の下の第一線の『ド』・・・男性はそこからさらに・・1オクターブ下の『ド』なのですよね・・?。 第九を練習していて、バスが そんなに低い音で歌っている気がしませんでしたが・・・。 同じ音を発声するとき、男性は女性より1オクターブ低い声を出している気?がするのですが・・・と・しますと、ユニゾン部は男性も女性のト音楽譜のまま唱っていたらいいのでは・・・でないとテノールは声が半分でないのですが・・・。混乱してます・・。
paco |  2016.11.01(火) 19:34 | URL |  【編集】

確かに!

paco 様

返信が遅くなりました(>_<)
確かにテノールにはヘ音記号は低いですよね。
なので女声と同じト音記号の高さで歌い始めたらいいと思います。
テノールが地の底這うような声を出さなくても良いです(笑)
pacoさんはベテランさんなので臨機応変に対処なさっていただければと思います〜(*^^*)
Kaori |  2016.11.03(木) 11:14 | URL |  【編集】

横から失礼します バスから愛を込めて

横からになります。大変失礼いたします。
バス・パートの者です。

そもそも、男性と女性とでは、声帯の長さが倍違うので、同じ音を出すことは難しいのではないでしょうか。(同じように歌っても1オクターブ違う)

確かに、ト音記号とへ音記号とでは1オクターブ違います。ただし、男性のテノールとバスとは基本的に同じ音域を歌うのですが、より高音を歌うテノールはト音記号、低音の多いバスはヘ音記号で表記しているものと思っておりました。
(私の場合、どうしても上のG以上の音が出せず、憧れていたテノールを断念せざるを得ませんでした)

"Hey Jude"の楽譜の場合、女性はト音記号、男性はへ音記号で書かれていますが、「普通」に歌うだけでよいのだと思っていました。
コーラス部分、下の「ドーミソ」から始まるのはユニゾンです。
Kからは混声四部となりますが、テノールは上のミ、バスは上のドに分かれます。

第九でも、Mの冒頭は同じ、上のレの音で始まりますよね。

それよりも、"Hey Jude"のコーラス部分、「ナーナーナー、ナッナッナ ナー」の後の「ヘイ ジュード」の「ヘイ」が原曲と異なるのがどうも気になって仕方がありません。
配付された楽譜では、「ヘイー」と「ヘ」が16分音符となっているのが少々気持ち悪いのです。
やっちゃん |  2016.11.03(木) 22:39 | URL |  【編集】

やっちゃん 様

私もあまりト音記号、ヘ音記号に捉われず出しやすい高さで歌ったらいいんじゃないかと思っています。
通常の合唱譜はテノールはト音記号で書かれてありますが、コラボの作品はいつも女声・男声という括りなので、テノールさんはヘ音記号になっちゃうんですよね。
それが変な誤解を生むのかもしれません。
コラボ曲は、メインで歌うリトグリのアレンジに合わせて合唱もアレンジされてくるので、原曲と多少違うのは何か意図するものがあるのかもしれませんよ~。
気持ち悪いかもしれませんが、その辺りは大目に見てくださいね(^^;
Kaori |  2016.11.05(土) 10:52 | URL |  【編集】

はい。ビート感ですかね

加藤先生

こんばんは。本日も別の稽古をサボってしまいました。
コメントをいただき、ありがとうございました。
遅れて来たビートルズ世代で、日本公演の時はまだ音楽には関心がなかったものですから(歳がバレる?)、ビートルズの曲にはブラバンの合奏曲として出会いました。
デイ・トリッパー、アンド・アイ・ラブ・ハー、ハード・デイズ・ナイト、サムシング、レット・イット・ビーetc
岩井さんという名アレンジャーによる「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」の曲の数々を夢中になって練習したものです。
楽譜にはないアドリブ部分が格好良いから、と、音楽の先生に譜面に起こしていただいて、掛け合いのソロとして演奏したりしたのも懐かしい想い出です・・・
「ヘイ・ジュード」の楽譜の下に「ビート感をなくさないように」との注記があるので、「ヘイー」もそのリズム感なのでしょうね。
そう言えば、「ヘイ・ジュード」を高校の演奏会で演奏した際は、やっぱり16分音符と付点8分音符でした。全く忘れていました。
ビートルズ原曲の「へーイ」という気怠い感じの歌声の方の印象が強かったんですね。
前回の練習の際、何か変だなぁ~と思いながら、「ナナー、ジュード」と歌ってしまったことが複数回あったことをお詫びいたします(笑)

やっちゃん |  2016.11.05(土) 20:20 | URL |  【編集】

やっちゃん 様

ビートルズファンの方々にとったら合唱で演奏する際の若干の違和感というものをお感じになられるのかもしれませんね(^^;
私は全く知らないので、楽譜を見て「こんな感じなんやろか~?」と思いながら音取りしてました。
きっと前日リハでみんなで歌ったら素敵に仕上がっていると思いますよ~。
私も聴かせていただくのを楽しみにしています!
Kaori |  2016.11.07(月) 17:52 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://duftchen.blog69.fc2.com/tb.php/388-6ab59eb1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |