2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.10.14 (Sat)

今週は・・・

珍しくバタバタした日々を過ごしています。
8日の万九はFugaに突入しまして、まずは音が取れているかの確認をさせていただきました。
今年の森ノ宮Fの皆様もご自宅での練習が上手くはかどっているような印象を受けていますヨ。
だってFuga、結構難しいのに、なんとなく歌えているように前では聴こえていますから~。
15日のお稽古では2声で練習したり、3声で練習したり・・・といろんなパターンでやってみましょうね


そして10日と11日。
我が師匠Claudia Visca先生(生徒は彼女の事を皆、Frau Viscaと呼びます)がWienからコンクール審査の為に来日していたので、この二日間はお世話をしておりました。
特に10日は私自身もレッスンをしていただき、大きくは崩れていませんでしたが、やはり少し軌道修正をしてもらいました。
日本語ばっかり使っていると声を保つポジションが鼻の方ではなく、下がってくるみたいで、そして体ももっと深く使わなくちゃいけなかったことを思い出し(まぁ、あまり文字にしても間違って伝わったらいけないからこの辺で・・・)、いろいろと勉強になりました。
やっぱり私にはまだまだFrau Viscaが必要です

レッスンの後は、遅いお昼ご飯を食べ、彼女の大好きな100均を2か所回り、アイスを食べ、カフェをし、しゃべくり(ほとんどFrau Viscaが一人で喋ってたけど)、散々遊び倒してきました in 天王寺(笑)
パワフルなFrau Viscaについていくのが必死でしたワ。
恐るべし67歳。

翌日11日はね、朝イチで関空へお見送りに行ってきました。
楽しい夢のような時間を過ごした後、バイバイするのは非常に寂しくて辛くて、いつも「」となります。
お母さんに置いていかれる子供の気分。
彼女は私にとって先生であり母ですから~。
image1_convert_20171014153425.jpeg
 
Kaori、Frau Visca、Schouwa(Bar.)←香川からFrau Viscaに会う為に来てくれました。めちゃ心の温かいお兄ちゃんです。


Frau Viscaを見送った後、運転中メソメソしながら帰ったわけですが、その日は午後から通常通り仕事がありまして・・・しかもその日に限って西宮A小玉クラスの代理レッスンまでございました(一気に現実が・・・)
でもこういう時は打ち込めるものがあると気が晴れていいですね。
西宮AもちょうどFugaでして、とても綺麗な澄んだ声で、なおかつエネルギッシュに歌ってくださいました
ホールで練習出来るってやっぱり羨ましい・・・。


そして昨日。
大学の授業を3コマ終えた後、ダッシュでドーンセンターへ。
久しぶりの関西歌曲研究会の演奏会へ行ってきました。
オール中田喜直作品で、ソロあり、二重唱あり、合唱ありと華やかな演奏会でした。
ただ如何せん、授業後に時間が無くて何も食べずにホールへ行ったら、途中から隣の人に聞こえているであろうお腹の音があまりにも恥ずかしくて、友人が歌い終えたらロビーに避難してしまいました
何か一口で食べられる物を持っておくべきだったなぁ・・・。



・・・とまぁ、この一週間はめまぐるしい日々でした。
長々とお読みいただきありがとうございました




スポンサーサイト
16:27  |  etc...  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

久しぶりに先生のブログを拝見しました。
一万人の第九の様子をFacebookで時々見てます。
私の方は大学の混声合唱団に入って、邦人曲をいくつかキリスト教関連の曲もいくつか、そして今ハイドンの天地創造をドイツ語で練習しています。
第二外国語の授業もドイツ語なので読み方にはさほど苦労しませんが、長丁場の練習とソプラノの音の高さ?に皆でヒーヒー言っております(笑)。
第九でドイツ語に少しでも親しめて良かったなと思います。
最近は冷えますから、先生もお体に気をつけてくださいね。私も合唱団の12月定演&演奏旅行1月の記念演奏会に向けて頑張ります。
mona |  2017.10.14(土) 23:46 | URL |  【編集】

登ったと思ったら・・・またその先が・・・

経験者クラスも4回のレッスンを終えました。経験者(中には熟練者も)といえども、おおざっぱなな演奏が随所に。先生に指摘され・・自宅で録音を聞き・・・課題がいっぱいで・・思わず・・ため息です。 レッスンの録音(自分の演奏)を聴くのは・・辛いのですが・・。自分の未熟さを素直に受け入れ・・・少しづつ修正と練習ですね。
67才でもパワフルなFrau Viscaさんの存在は励みになりました。 
paco |  2017.10.16(月) 13:40 | URL |  【編集】

お久しぶりです(^^)

mona 様

こんにちは!大学生活を満喫していらっしゃるご様子。
若いっていいなぁ~と思いながらメッセージを拝読させていただきました。
ソプラノは、特に合唱のソプラノは音域が広いので歌うのが大変だと思います。
そういう時は無理に押し出さず、引くようなイメージで軽く声を出すといいかもしれません。
ちょっと弱々しいなぁ・・・って感じるぐらいの方が案外ラクにキレイに出せますよ♪
そして練習後は喉のケアもお忘れなきよう(^^;
12月と1月の演奏会が素晴らしい結果となりますよう応援しています!
Kaori |  2017.10.16(月) 13:55 | URL |  【編集】

上昇志向の表れですよ。

paco 様

お稽古お疲れさまです!経験者クラスはいよいよゴールが見えてきましたね~。
立派なお声で歌ってくださるのは良いのですが、確かに雑な演奏の印象はぬぐえませんねぇ。
なかなか癖は抜けないかもしれないですが、意識を持っているのといないのとでは全然違いますから、pacoさんだけでも気にして歌われると良いと思います。
あと2回、頑張ってくださいね!!
Kaori |  2017.10.16(月) 18:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://duftchen.blog69.fc2.com/tb.php/417-ac7f395a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |