FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.10.16 (Mon)

お稽古8回目@森ノ宮F&森ノ宮H

森ノ宮Fと森ノ宮Hの皆さん、8回目のお稽古お疲れさまでした。
両クラス共にFugaとRの場所を練習させていただきました。
非常に難しい箇所をきっとご自宅でいっぱい練習してくださったんでしょうね。
しっかり歌えている印象を受けました。
ただし、Fの皆さんは音程がぶら下がってこないように、Hの皆さんは下降型の時にテンポが早くならないよう、気を付けてくださいね

昨日は2コマ続きのレッスンでしたので、合間の30分間は控室で佐藤先生とクリスピークリームドーナツをほおばり、エネルギーチャージしてレッスンを行なったんですよ~
でもやっぱり終わった後は疲労が激しかったみたいで、夕べは爆睡でした(笑)
今夜も寒いですね。
風邪など召されませんよう、温かくしてお過ごしくださいね!!




スポンサーサイト
18:36  |  一万人の第九  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

一つ前の投稿にコメントさせて頂いた者です。お返事ありがとうございました!
よく高い声を出す時は鼻を使えと先輩から言われます。無理に声量を出すのではなく細くてもキツくない声?を出すようにはしていますが、どうでしょうか???
あと、喉のケアって具体的に何をすればいいのか実はあまりよくわかっていないので教えて下さると嬉しいです。水分補給とのど飴舐める程度しかしていないので笑

それにしても現代の合唱曲は難しいなぁと
思います。ソプラノの中で上下二つのパートに分かれる必要があるとき私は下のパートを担当させてもらってるんですが、和音の第三音?を歌うことが多いので音がとりにくく、しょっちゅう注意されます泣。ソプラノの上パートとアルトにサンドイッチされる感がなんとも慣れません。
mona |  2017.10.19(木) 23:38 | URL |  【編集】

mona 様

高音の出し方は文章で表現するのは難しいのですけれど、鼻の方へ持っていくのは高音に限らずだと思います。
あと舌の位置にも気をつけないといけないかもです。
一つ言えるのは、皆それぞれ身体が違うので、同じ処方箋ではないということ。
先輩が仰ったことはあくまでも参考にするだけで、自分の解決方法を見つけられるといいですね。

内声を歌うことは音色を作るいい勉強になると思います。
他パートを聴き合う勉強にもなります。
なのであまり苦手意識を持たずに歌ってみてくださいね!

喉のケアですが、水分補給とのど飴を舐めるのはいいですね。
あとはうがいやはちみつを舐めるとかね。
私は寝る時、首にネックウォーマーを巻いて寝ていますよ。
首筋や肩を冷やすと風邪を引きやすいように感じます。
私の生徒は喉を酷使した時に龍角散(細粒)をサラ~と口に入れていますねぇ。
これは苦手な人は無理かも・・・(実際、私は無理です)
大事な喉を労わってあげてくださいねぇ~。
Kaori |  2017.10.21(土) 17:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://duftchen.blog69.fc2.com/tb.php/418-fc88e354

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |