FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.10.30 (Mon)

お稽古10回目@森ノ宮F

森ノ宮Fの皆様、2度目の台風にも関わらず、お稽古にご参加くださり、誠にありがとうございました!
昨日は拍子抜けする程の台風でしたけれど、先週の台風が酷かったので、二次災害が心配されましたよね。
お稽古の後は、寄り道されずまっすぐご帰宅なさいましたか?(笑)
私は先週とはスケジュールが異なり、お稽古後に何も仕事が無かったので、16時過ぎには自宅に戻り、コーヒーを飲みながらくつろいでいました

さて昨日はついに全パートの音取りが完了しました!
とりあえずここまで辿り着けば、指導者側としてはひとまず一安心なんです。
残り2回でひたすら復習・復習・復習!!&立ち上がる練習です
そして楽譜をはずして歌いたいですね。
暗譜は佐渡練までにほぼほぼ出来ていれば安心かなぁ。
ただそれぞれのペースがお有りだと思うので、一応の目途はご自身でたてておくといいですね。

来週はお休みなので、頭も身体もしっかり休めて、また新しい情報を入れられるようにリセットなさってください
でも本当にキレイさっぱり忘れないでくださいね(笑)
ではまた11月12日に
スポンサーサイト
14:45  |  一万人の第九  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

先日もコメントありがとうございました!!!
龍角散、試してみます(笑)
のど飴大事ですよね。夏合宿の時はのど飴をさんざんせがまれた思い出があります(^_^;
発声が微妙と言われることが多く、色々試してはいるんですが…。音域がそこそこ広いからどこのパートに入れたらいいかワカラナイとも言われます(´・_・`)

一万人の第九の練習も、そろそろ終わりに近づいてきましたね!そろそろ暗譜ですね。私たちの定演も一万人の第九と同じ日(!)なのでそろそろ暗譜、頑張ります。
mona |  2017.10.30(月) 23:21 | URL |  【編集】

市内は穏やかだったのですね・・

私の住む大阪府やや南部・・・前回の雨で南海電車の線路下の土が流れ、いまだ復旧せず・・山沿いの土砂崩れで、知っている方がなくなりました。今回の台風・・昼頃から結構雨風が・・・今回はJR線が土砂にうまり・・・。ほんの数十キロの違いで、状況は大違いですね。 初心者クラスが無事だったのはよかったですね。初心者にとっては1回1回のレッスンがとてつもなく重要でしたから・・。
現時点で、自分の課題を決めました。 313~320小節・・・テノールにとっての最難関だと感じています。音の上がり下がりと言葉の関係で空気がしっかり吸い込めない⇒唄えない・・あと1ヶ月で Kusse~ を攻略。 もう一つ・・唄う体力UP・・椅子に坐して両膝をあげ、歌うかわりにすぼめた唇に向かって息吹き唄い。 僅かでも進歩が感じられたら幸せな気分です。 台風のせいで先生の顔が見れてませんが、佐渡錬で会えるかもしれません。

paco |  2017.10.31(火) 20:38 | URL |  【編集】

mona 様

お稽古、頑張っていらっしゃるご様子。
万九もいよいよ残り2回のお稽古になりましたよ。
私も喉の疲労が激しいので、あまり喋らず、飴ちゃん舐めたり、水分補給をしっかり行なうようにしています。
夏の暑い時期より明らかに水分摂取が減っていますしね・・・。
お互い風邪にも気を付けて過ごしましょうね。
Kaori |  2017.10.31(火) 22:12 | URL |  【編集】

なんてことっ!!

paco 様

前々回の台風は本当に怖かったですが、この間のは大阪市内はそんなにびっくりするものではありませんでした。
でもやはり地域によっては影響があったのですね。
初心者クラスにとっては開講出来る程度の台風で良かったとは思いますが、それでも心配でしたので10分早く終わらせていただきました。
経験者クラスは一回飛ぶと一か月空く可能性がありますから、それはそれで大変ですね。
佐渡練でお会い出来ますように!
Kaori |  2017.10.31(火) 22:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://duftchen.blog69.fc2.com/tb.php/420-b9268463

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |