FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.04.29 (Sun)

新年度

皆様、お久しぶりです!
新年度が始まって1か月になりますね。
お疲れがそろそろ出てくる時期かしら。
私は花粉症なのかPM2.5のせいなのか分かりませんが、鼻水と咳が出てしまってここ2週間程、病院通いが続いています。
皆さんはどうですか?

さて今月は結構、様々な出来事がありまして。
まずは新年度ですから大学の授業が始まり、またまた若い学生さんたちと一緒に勉強をしています。
今年度も大学院と演奏家特別コース3回生の伴奏法の授業でして、ドイツリートの伴奏は初めて…という生徒やもう既に経験のある生徒までさまざまですが、それぞれ目標を持って1年間頑張っていただきたいと思っています。

それから~、家族で岡山と徳島へも旅行に行きました。
岡山では美観地区、ジーンズストリートなど散策。
徳島では大塚国際美術館と私の大好きなびんび家さん!
びんび家さんは新鮮な魚介類を食べさせてくれるお店です(大阪からなら車があれば日帰り出来るのでおススメ)

あと昨年の万九に出演された方の中から申し込み、そして抽選に通った35名の方々にウィーンへの演奏旅行前日にレッスンを行ないました。
第九と本番後のパーティーで歌うという「ふるさと」を練習。
特に「ふるさと」は1番2番を日本語で、そして最後にもう一度1番をドイツ語で演奏したみたいです。
ドイツ語版ふるさと、なかなかかっこよかったですヨ

こんな感じでちょこちょこ予定があって、あっという間にGW。
私はお仕事もありつつ、おうちでまったりなGWになりそうです。
皆さんも楽しい休暇をお過ごしくださいね


22:32  |  etc...  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.27 (Tue)

大阪音楽大学付属音楽院さくら夙川校サロンコンサート

久しぶりの投稿になりました。
桜もほぼ満開になり暖かくなりましたねぇ
春生まれの私はこの季節が一番好きです。

さて先週土曜日、勤めている大阪音楽大学付属音楽院さくら夙川校のロビーにて1時間のサロンコンサートを行なってきました。
この付属音楽院は2003年に「多くの方に音楽を楽しんで学んでいただく」をモットーに本校で開校され、お陰様で数多くの生徒様に通っていただいております。
そして昨年2017年7月には神戸方面からも通いやすいさくら夙川にも開校する運びとなりました。
とってもゴージャスな施設でね、贅沢な空間でレッスンをさせていただいていますし、きっと逆も然りかと。

そのさくら夙川校でのロビーコンサート、歌とピアノとクラリネットで春の曲を含むドイツリートや日本歌曲など計12曲を演奏してきました。
お話有りのコンサートなので正直体力的にキツかったですが、ピアニストさんやクラリネットさんにもソロをお願いしてなんとか無事に終えることができました。
今回の演目はですね、、、

1、R.Schumann Er ist's 春だ!
2、H.Wolf  Er ist's 春だ!
3、F.Schubert Der Hirt auf dem Felsen 岩上の牧人
4、F.Mendelssohn 無言歌集よりOp.19-4「信頼」
5、Chopin=Liszt 6つのポーランドの歌より「春」
6、P.Reade ヴィクトリアン・キッチン・ガーデン組曲より「プレリュード」「スプリング」「サマー」
7、A.Piazzolla Ave Maria
8、大中寅二 椰子の実
9、山本正美 ねむの木の子もり歌
10、信長貴富 しあわせよカタツムリにのって

アンコール 「花」「夏の思い出」

IMG_1270_convert_20180327161154.jpg 
左から:ピアノ今村理沙さん、クラリネット渡川真理子さん、カオリ

IMG_1287_convert_20180327161217.jpg 

IMG_1291_convert_20180327161235.jpg 

さてまもなく新年度!
新1年生が醸し出すソワソワ感がなんとも言えない季節です!!

16:17  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.27 (Tue)

第九@城東区

少しずつ暖かい日々がやってきました。
それと共に花粉やPM2.5も
今のところ私の喉や鼻には影響ありませんが、皆さんはいかがでしょうか?

さて2月25日(日)に城東区第九の本番が無事に終わりました。
11月から始まったお稽古当初は合唱の人数が本当に少なくてどうなることやらと心配していました。
だってお稽古とは言え、Ten.がゼロという時がありましたもの。
まさかの3重唱(笑)
それが最終的に120名程の大所帯の合唱団になり、立派に歌い上げてくれました。
もちろんほとんどのお稽古をレッスンした松原友くんの力が大きいと思っています。
佐渡さんの第九とはまた一味も二味も違った音楽に仕上げた20歳の若きマエストロ田中太智くんも精一杯頑張っていらっしゃいました。
もう私はお母ちゃんの気分で太智くんを見ていたよ(笑)

実は今回はヴォイストレーナーでありながら、合唱団の一員としてもソプラノに入って歌いました。
久しぶりの合唱はとても楽しかったけれど、第九のソプラノは本当にキツイなぁと感じました。
私、今度第九の合唱に乗るならアルトがいい

IMG_1227_convert_20180227223543.jpg 
Tomo Matsubara、Taichi Tanaka、Kaori

この本番の2日前には京都・伏見稲荷大社へ。
千本鳥居の立派なこと!!
この日は暖かくて日向ぼっこがとっても気持ち良かったヨ
image3_convert_20180227223752.jpeg 
22:51  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.28 (Sun)

臨時第九稽古@門真

この時期、門真市でもBeethovenの第九を2月のコンサートに向けてお稽古が進められているのをご存じですか?
私は本来ならば関わりのない第九なのですが、急遽、体調不良の小玉晃先生の代わりにお稽古をしに門真市立公民館へ行ってきました。
この合唱団は城東区第九と同じで期間限定の、その都度メンバーを募集するというやり方で毎年ルミエールホールで開催しておられます。
毎年、指揮者を変えてなさっていたのですが、昨年と今年は小玉晃先生にお願いされたようですね。
やはり小玉先生&ピアノの矢吹さん目当てでたくさんメンバーが集まるようです(笑)
そういうのも大事だと思う。
第九は人数が多ければ多い方がいいしね

さて門真の第九。
普段、小玉先生が2時間半のお稽古の内、1時間かけて発声をしている甲斐もあって、ものすごくしっかり歌える方たちが多いように思いました。
きっと小玉先生に個人レッスンやグループレッスンで教えを乞う方たちが大勢いるんだろうなぁ。
ただホントにどのパートも立派に歌ってくださったのですが、しっかり歌ってくださっているとどうしても出来ていないところが目立つわけで。
そういうところを見つけ出して、部分練習をし、出来ていない箇所を自覚してもらって自宅で復習する時に役立ててもらえたら・・・と思いました。
まぁ、後は女性の声の出し方ですかね。
使える声でないとね、いけませんからね
でも皆さん、ちょっと注意したらすぐ直るので、指導していてとても楽しい合唱団だなぁと思いました。
その分、欲も出ちゃうけどね(笑)

こちらは2月18日が本番なんですって。
城東区第九の一週間前ですね。
両団体共にあともう少し、お稽古頑張ってくださいね~


22:18  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018.01.18 (Thu)

初めての体験

今日は一日降ったり止んだりの雨降りでしたが、暖かかったですね。
久しぶりに手袋無しで外を歩けてちょっとテンションが上がった加藤です

さて自分の本番を終え、次まで少し空きますので、前々からお誘いいただいていたライブへ行ってきました。
ライブですよ、皆さん!
クラシックじゃないんです!ソウルミュージックとやらだったんです!
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ハービスエントにBillboard Liveってあるでしょう?
名前くらいは私もラジオで聞いていたので知ってましたけど、実際に足を運ぶのは初めて。
だって自分がそこで演奏することは決してないから、私、これまで全く興味を持たなかったんですよね。。。
でもね、今年は新しいことにも挑戦しようと思うの!
ということで、これが第一弾。
PAUL STANLEYさんのライブだったざます

御年66歳のスタンレーさん。
私は全盛期を存じ上げないので、一緒に行った藤沢先生(!)と弓庭先生(!)にご教授いただきながら、ライブのノリというものを体感してきました。
クラシックはひたすら静かに座って音や歌詞を共有する世界ですが、こちらは踊りたくなったから自然と体が動いちゃったゼ!のスタンスなんでしょうか。
普段、自分がいる世界と全然違うので、ビックリするばっかりでした。
でもなんかよく分からないけど、アンプを繋いだ音も悪くないな…と思いました。
たぶんヘビメタ?とかだったら全然ダメだったろうけど、「一万人の第九」の第一部で聴き慣れた感もあって、案外平気な音楽だった~。
なによりスタンレーさんの人柄が素敵でした。
「黒人も白人も黄色人種も皆、一緒。ファミリーなんだ。この会場にいる皆もファミリー!」的なことを仰ったんだと思う(いや、なんせ私、英語は壊滅的なので怪しいけど…)
ここんとこ、そのような歌詞が続いているから不思議と耳に残ったよ。
でも一番最後、アンコールの時にシャツのボタンを全部外さなくてもいいと思う
この音楽の人種はナゼ露出する!?(笑)

Live2_convert_20180118002321.jpg Live_convert_20180118002216.jpg



00:36  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT